三国継承伝説配信開始! 構築済みスターターセット 新ギミック新ルーラー好評配信中!
コンビニあれば遊べる!メモリオン

用語集&規定

デッキ

デッキとは

基本30枚で構築されたゲームに使用する山札。

デッキのルール

・デッキは基本30枚で構成します。
・ルーラーカード、召喚リミットカードは必須であり、それぞれ1枚までしか入れることができません。
・同名のカードは3枚まで入れることができます。
・デッキからカードが引けなくなったプレイヤーは敗北となります。

サイドボード

サイドボードとは

トーナメントなどの連戦において、ゲーム開始前にメインデッキのカードと入れ替えが行えるデッキ外の予備のカード群。
カードの能力によっては介入される場合がある。

サイドボードのルール

・1デッキに付き、15枚以内で構築します。

ルーラー

ルーラーとは

ルーラーとは支配者であり、あなた自身でもある。

ルーラーのルール

・ペアとなる(通常時/神格化)ルーラーカードをカードの両面に配置し、それを1枚として扱います。
・デッキに必ず1枚のルーラーカードを入れます。

サクセサー

サクセサーとは

継承者という意味であり、[ジョイ(青)=喜][アンガー(緑)=怒][ペーソス(紫)=哀][ユーモア(赤)=楽]の4つの感情で分けられた4タイプのサクセサーが存在する。

サクセサーのルール

・マインドが0になると破壊されます。
・マインドは0以下にはなりません。
・破壊されるとストレージゾーンへ送られます。
・メモリオンを継承しているサクセサーが破壊されると、それが継承しているメモリオンも同時にストレージゾーンへ送られます。この場合のメモリオンは破壊ではありません。
・サクセサーが「破壊された時」はまだそのゾーンにいます。したがってそれによる効果はそこで行われます。能力解決後、ストレージゾーンへ送られます。
・サクセサーが「破壊された時」に行われるそれ自身へのステータス変化などは効果がありません。【例:破壊された時、これに+100のマインドを加える】

メモリオン

メモリオンとは

魂に宿った強い記憶。
メモリオンカード、サクセサーカードに備わっており、そこにはジャンル分けされた1つのワードが入っている。

メモリオンのルール

・メモリオンを継承しているサクセサーが破壊された時、サクセサーと共にメモリオンもストレージゾーンへ送られます。
・能力などでメモリオンが破壊された場合、それはドロップゾーンへ送られます。
・メモリオンを継承しているサクセサーがアクション状態になってもそれが継承しているメモリオンの状態は変わりません。
・サクセサーが移動するとそれが継承しているメモリオンも付いていきます。
・継承可能な数や種類に制限はありません。(王のメモリオン除く)

王のメモリオン

王のメモリオンとは

メモリオーラと呼ばれる特別な記憶(ジャンル)が宿ったメモリオン。
メモリオーラは記憶(継承/想起)するだけで効果を発揮するジャンル。

王のメモリオンのルール

・あなたのゾーン(ルーラーゾーン/サクセサーゾーン)に同名である王のメモリオンは1枚までしか存在(継承)できない。(相手側とは別)
・王のメモリオンを継承している状態で、能力により同名の王のメモリオンが強制的に継承される場合、元々存在していた側はドロップゾーンに送られる。(破壊ではありません)
・想起はゾーンの状況関係なく行える。
・想起はワードを対象とせず、ルーラーもくしはサクセサー自体を対象とする。
・その他の扱いは通常のメモリオンと同様。

召喚リミット

召喚リミットとは

サクセサーゾーンに召喚するサクセサーの感情(色)を決定するカード。

召喚リミットカードのルール

・2種類の召喚リミットカードをカードの両面に配置し、それを1枚として扱います。
・一度配置を決定すると、変更や方向転換は行えません。
・デッキに必ず1枚の召喚リミットカードを入れます。

ライフ

ライフとは

プレイヤーであるルーラーの生命。

ライフのルール

・0になったプレイヤーの敗北となります。
・初期ライフは2000です。
・ライフに上限はありません。

継承

継承とは

メモリオンを受け継ぐ行為。

継承のルール

・継承した時、能力内の同じジャンルの1箇所を指定し、このワードを追加しなくてはいけません。
・どこの記憶を対象とするかは継承時に指定し、その後それを変更することはできません。
・能力内に同じジャンルがない場合は無視して構いません。
・サクセサーが破壊された時、それが継承しているメモリオンもストレージゾーンへ送られます。
・ワードが追加され1箇所が2つ以上のワードになった時、その両方に対してそれ以降書かれてあることが起こります。
・アクション状態であるサクセサーに対し召喚を行う際、継承されるメモリオンは全てスタンド状態で継承されます。
・サクセサーが移動するとそれが継承しているメモリオンも付いていきます。
・記憶の追加により1つのことや複数のことが同時に行えない時、それを使用しているプレイヤー、 もしくは対象となっているプレイヤーが好きな方の記憶を選ぶことができます。
例:カード1枚を[手札/デッキの一番上]に加える。
・継承可能な数や種類に制限はありません。(王のメモリオン除く)
・1箇所に[あなた/あなた]など同じワード同士が追加されても効果はありません。(威力/効力除く)

想起

想起とは

手札にあるメモリオンカード、もしくはストレージゾーンにあるカードを使い、ゾーンにいるルーラー、サクセサーの能力内のワードに対して[ワードの追加][ワードの書き換え]を行う行為。

想起のルール

・手札から行う想起はお互いのルーラー/サクセサーに対して可能ですが、ストレージゾーンから行う想起はあなたのルーラー/サクセサーにのみ可能です。
・想起は記憶を対象とするのでその記憶のジャンルを持たないルーラー、サクセサーには行えません。
・記憶を書き換える時、そこに複数のワードが追加されている場合でも、その1つのワードに書き換わります。 ([威力][効力]は必ず合算されます)
・想起した時、[ワードの追加]か[ワードの書き換え]を選びます。
・召喚されるサクセサーに対して行うことも可能です。
・お互いがこれ以上想起を行わない場合、能力は解決されます。
・想起の効果はそのターン終了後までです。
・召喚されるサクセサーに対して想起が行われ、効果によりマインドが000になった状態で召喚される場合、それは召喚された後に破壊されます。

移動

移動とは

メインフェイズに行えるサクセサーのゾーン変更、またはメモリオンのオーナー変更。

移動のルール

・移動の際、隣接するサクセサーとゾーンを交換する場合、両方のサクセサーが移動することになり、それによる効果も起こります。
・移動の際、隣接するサクセサーとゾーンを交換する場合、片方のサクセサーが移動できない能力を持つ場合、その方法による移動は行えません。

神格化

神格化とは

ルーラーだけが持つ一度きりの進化。

神格化のルール

・神格化条件を満たしている限り、好きなフェイズで行うことができます。
・神格化タイミングで条件が満たせなくなった場合はキャンセルされます。
・一度神格化をすると通常時に戻すことはできません。
・継承により記憶を指定している場合、神格化後もそれは変更できません。

選択

選択とは

カードの能力で「サクセサー1体を選択し~」「デッキの一番上から合計1枚を選択し~」などに用いる。

選択のルール

・「可能な限り選択し~」の場合、指定されている数より対象が少なくても出来る限りの数を選択する。
・「可能な限り選択し~」の記述がない場合、指定数が選択出来なければその効果を無視する。(例:サクセサーが1体しかいない状況でサクセサー2体を選択し~)
・選択する対象が相手の手札やデッキの一番上など見えない場合は、そのままの状態で選択する。
・「相手の手札から各1枚を選択し~」はあなたが相手の手札から1枚を選択する。
・「相手は自身の手札から各1枚を選択し~」は相手が自身の手札から1枚を選択する。

見る

見るとは

カードの能力で「1枚を選択しそれを見る」などに用いる。

見るのルール

・カードを見る場合、それが置かれていたビヨンドから一旦離し、指定のプレイヤーのみカードの内容を確認します。
・見た後、それ以降に効果がない場合、そのカードは元々置かれていた場所(ビヨンド)に、置かれていた順番で元に戻します。

探す

探すとは

カードの能力で「デッキからエルフを合計1枚まで探し~」などに用いる。

探すのルール

・指定されているビヨンドを見て指定されているカードを探します。
・指定されているビヨンドが[デッキの一番上]などであってもそこを見て指定されているカードを探すことになります。
・探した結果見つからなかった場合、その後の効果に従います。

公開

公開とは

カードの能力で「1枚を選択しそれを公開する」などに用いる。

公開のルール

・カードが公開される時、それが置かれていたビヨンドからカードを一旦離し、全てのプレイヤーはカードの内容を確認します。
・公開後、それ以降に効果がない場合や行えない場合、そのカードは元々置かれていた場所(ビヨンド)に、置かれていた順番で元に戻します。
・指定されているビヨンドが[ストレージゾーン][ドロップゾーン]など既に公開されているビヨンドの場合でも公開は行われます。

各と合計

各と合計とは

カードの能力で「デッキの1番上から各1枚を選択し」や「デッキの1番上から合計1枚を選択し」などに用いる。

各と合計のルール

・「[デッキの1番上/デッキの一番下]から各1枚を選択し~」はそれぞれから1枚を選択するので合計2枚を選択します。
・「[デッキの1番上/デッキの一番下]から合計1枚を選択し~」は指定されたビヨンドの中から合計1枚を選択するので、指定のビヨンドが増えても選択する枚数は変わりません。
・「[あなた/相手]の[手札]が合計1枚以上である限り~」は指定されたルーラーのビヨンドの合計数を参照するので、お互いの手札の合計数となります。

ゾーンとは

ゾーンとは

ルーラーゾーン、サクセサーゾーン、ストレージゾーン、ドロップゾーンを指す。

ゾーンのルール

・能力にゾーンだけしか記述がない場合、それは適正な場所を指す。
(これがいるゾーンにそれを召喚する=そのサクセサーがいるサクセサーゾーン)

ビヨンド

ビヨンドとは

[手札][デッキ][ストレージゾーン][ドロップゾーン][サイドボード]を指す。

ビヨンドのルール

・破棄されたカードは全てドロップゾーンに送られます。
・[デッキ][手札][ストレージゾーン]にあるカードは破棄可能です。
・[ドロップゾーン]にあるカードは破棄できず、破棄されたことにもなりません。

手札

手札とは

プレイ中、手に持っているカード。

手札のルール

・手札の最大数は7枚です。
・ターン終了後、7枚になるまで破棄する必要があります。
・先攻の初期手札が6枚、後攻の初期手札が7枚です。

破壊

破壊とは

サクセサーの場合、[破壊]と書かれた能力やダメージなどでマインドが0となり、サクセサーゾーンからストレージゾーンへ送られることを意味する。
メモリオンの場合、[破壊]と書かれた能力でルーラーゾーン、サクセサーゾーンからドロップゾーンへ送られることを意味する。
召喚によりサクセサーゾーンからストレージゾーンへ送られる行為は破壊ではない。

破壊のルール

・サクセサーが破壊されるとそれはストレージゾーンへ送られます。
・メモリオンを継承しているサクセサーが破壊されると、それが継承しているメモリオンもストレージゾーンへ送られます。この場合のメモリオンは破壊ではありません。
・メモリオンが能力などで破壊された場合、それはドロップゾーンへ送られます。
・サクセサーが「破壊された時」はまだそのサクセサーゾーンにいます。したがってそれによる効果はそこで行われます。その後、ストレージゾーンへ送られます。
・サクセサーが「破壊された時」に行われるそれ自身へのステータス変化などは効果がありません。(例:破壊された時、これに+100のマインドを加える)
・複数のサクセサーが同時に破壊され、それらの能力「破壊された時」が重なった場合、そのターンを進行しているプレイヤー側から自身のサクセサーの破壊される順番を決定し、その後、相手のサクセサーが自身のサクセサーの破壊される順番を決定する。

起動能力

起動能力とは

<起>のマークが印してあり、背景が薄い青色になっている能力を起動能力といい、前文に記載されている条件を行うことで好きなタイミングで効果を発揮する能力。

起動能力のルール

・好きなタイミングで起動することができます。
・想起同様に全ての行動に対し割り込みを行うことができます。①の行動に対し②が起動することで①より先に②が解決されます。割り込む回数に制限はありません。
・起動し解決するまでの間も想起を行うことができます。お互いにこれ以上想起を行わない場合、その能力で効果が解決されます。
・起動を宣言し、相手に想起を宣言された場合、起動を取りやめることはできません。
・召喚されるサクセサーを選択し起動することはできません。召喚後は通常通り選択可能です。
・空白の記憶がある限り、起動することはできません。

威力/効力(ジャンル)

威力/効力とは

記憶のジャンルであり[+100]や[+1]など数値を持つ。

威力/効力のルール

・記憶(継承/想起)すると必ず合算された数となります。
・このジャンル以外は同じワード同士が追加されても効果はありません。

±(プラスマイナス)

±(プラスマイナス)とは

能力に記述される[±000][±0]などを指す。

±(プラスマイナス)のルール

・数字の前に[+/-/±]が付いた威力、効力は記憶の追加で+にも-にもなり、どちらでも効果があります。
(±000のパワーを加える)
・数字の前に[+/-/±]が付いていない威力、効力はマイナスの数値にはできません。
(000のライフを加える)

割り込み

割り込みとは

想起、起動能力、神格化で行えるフェイズや行動を中断し先に効果を発揮する行為。

割り込みのルール

・割り込む場合、必ず「割り込みます」と宣言します。
・①の行動やフェイズに対し、割り込みで②が想起や能力を起動すると②→①と先に効果が解決されます。

第一ターン

第一ターンとは

お互いの第一ターンは決められたフェイズしか行えない。

第一ターンのルール

・第一ターンはメインフェイズの[召喚ステップ]のみ行えます。
・想起は第一ターンから行えます。
・継承は第一ターンでは行えません。
・起動能力は第一ターンから行えます。

行動した時

行動した時とは

メモリオンの記憶の1つ。以下のようなものがある。
[召喚された時][移動する時][破壊された時][アタックした時][ブロックした時][ブロックされた時][サクセサーにダメージを加えた時][ルーラーにダメージを加えた時]

行動した時のルール

・バトルフェイズ内での[行動した時]で解決される順番は以下になります。
[アタックした時]⇒[ブロックした時]⇒[ブロックされた時]⇒[サクセサーにダメージを加えた時]⇒[ルーラーにダメージを加えた時]⇒[破壊された時]
・複数のサクセサーが同時に破壊され、それらの能力「破壊された時」が重なった場合、そのターンを進行しているプレイヤー側から自身のサクセサーの破壊される順番を決定し、その後、相手のサクセサーが自身のサクセサーの破壊される順番を決定する。

メモリーカウンター

メモリーカウンターとは

ルーラーが持てる特別な記憶であり、サイコロやおはじきなどでカウントする。
神格化条件や能力の起動に利用する。

メモリーカウンターのルール

・持てるメモリーカウンターの数に制限はありません。
・サクセサーの起動能力[メモリーカウンターを○個消費する]はあなた(ルーラー)のメモリーカウンターを消費します。
・タッグマッチ[ デュアル ]ではそれぞれのルーラーがメモリーカウンターを持ち、共有することはできません。
・サクセサーの能力[あなたはメモリーカウンターを○個得る]は、タッグマッチ[ デュアル ]であればあなたと協力者が互いに得ます。

アビリティ(固定能力)

アビリティ(固定能力)とは

メモリオンのジャンル。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することで効果を得ることができる。

アビリティ(固定能力)のルール

・王のメモリオン(メモリオーラ)と違い、記憶(継承/想起)するだけでは効果はありません。
・同じアビリティが2つ以上加わっても効果は変わりません。

達人(固定能力)

達人(固定能力)とは

アビリティ(メモリオンのジャンル)のワード。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することでその効果を得ることができる。

達人(固定能力)のルール

・[達人]が加わることでそのサクセサーの能力に以下の固定能力が加わる。
「これが行うターン最初のアタックはアクション状態にならない。」
・その後、通常通りアタックを行うことができる。
・アタックする前(直前)までに持っている必要があり、[アタックした時]にこの能力が加わっても既にアクション状態になっており効果は発揮しない。

我慢(固定能力)

我慢(固定能力)とは

アビリティ(メモリオンのジャンル)のワード。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することでその効果を得ることができる。

我慢(固定能力)のルール

・[我慢]が加わることでそのサクセサーの能力に以下の固定能力が加わる。
「これが行うターン最初のブロックはアクション状態にならない。」
・その後、通常通りブロックを行うことができる。
・ブロックする前(直前)までに持っている必要があり、[ブロックした時]にこの能力が加わっても既にアクション状態になっており効果は発揮しない。

先撃(固定能力)

先撃(固定能力)とは

アビリティ(メモリオンのジャンル)のワード。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することでその効果を得ることができる。

先撃(固定能力)のルール

・[先撃]が加わることでそのサクセサーの能力に以下の固定能力が加わる。
「これがバトルでサクセサーにダメージを加える時、ブロックしたサクセサーが先撃を持たない場合、そのサクセサーより先にダメージを加える。(割り振りも同様)」
・これによりブロックしたサクセサーが破壊された場合、そのサクセサーはブロックによるサクセサー への(攻撃)が加えられない。(その前に破壊される)
・サクセサーにダメージを加える前(直前)までに持っている必要があり、[サクセサーにダメージを加えた時]にこの能力が加わっても既にダメージは加えているので効果は発揮しない。

突破(固定能力)

突破(固定能力)とは

アビリティ(メモリオンのジャンル)のワード。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することでその効果を得ることができる。

突破(固定能力)のルール

・[突破]が加わることでそのサクセサーの能力に以下の固定能力が加わる。
「これがブロックされ、サクセサーにダメージを加える時、これのパワーがブロックしているサクセサーのマインドの合計数を上回っている場合、その差分を相手(ルーラー)に加えてもよい。」
・サクセサーにダメージを加える前(直前)までに持っている必要があり、[サクセサーにダメージを加えた時]にこの能力が加わっても既にダメージは加えているので効果は発揮しない。

暴走(固定能力)

暴走(固定能力)とは

アビリティ(メモリオンのジャンル)のワード。
その記憶自体に能力が宿っており、例として「これの能力に[(アビリティ)]を加える」などに記憶することでその効果を得ることができる。

暴走(固定能力)のルール

・[暴走]が加わることでそのサクセサーの能力に以下の固定能力が加わる。
「これがアタックした時/ブロックした時、これの左方/右方にいるサクセサーに200のダメージを加える。」
・アタック/ブロックする前(直前)までに持っている必要があり、[アタックした時/ブロックした時]にこの能力が加わっても既にアタック/ブロックしているので効果は発揮しない。